アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
こうふく あかの
こうふく あかの
こうふく あかの
西 加奈子

今度は男性が主人公。
ものすごく普通のサラリーマン。
ちょっとカッコつけたくて、周りからよく思われたくて、恋愛でも何でもどっぷりハマるなんてこともなくて。
いわばものすごく俗物的な男。

そんな彼が、3年もセックスレスの妻から「妊娠した」と告げられる。
以後、彼がうろたえ苛立ち嫉妬をし落ち込み……。
そんな様子を淡々と描いている。
アントニオ猪木の活躍をみながら……。

そういえばこのシリーズ前作のみどりにも出てきてたな。猪木。
なんだろう。なんていうかあの時代の人たちの何かの象徴なのかな。
「猪木もがんばってんだから……」
なんだかただの怪しいコッカイギインにしか見えないんだけどね。

今作もやっぱり別の話が間に挟まっている。
これらのつながりが、よくわからなかったんだけど、最後の最後にストンとつながった。
う〜ん。
こういう手法ってあるんだろうけど、アタシにはあまり意味があるように思えない。
けど、緑も赤もやっぱり西サンらしい雰囲気いっぱいの小説だった。

内容紹介
二ヶ月連続作品「こうふく」シリーズ第二作
結婚して十二年、三十九歳の調査会社中間管理職の「俺」の妻が、ある日他の男の子どもを宿す話。
二〇三五年、小さなプロレス団体に所属する無敵の王者、アムンゼン・スコットの闘いの物語。二つの話が響き合う。

単行本: 178ページ
出版社: 小学館 (2008/3/27)
言語 日本語
ISBN-10: 4093862095
ISBN-13: 978-4093862097
発売日: 2008/3/27
JUGEMテーマ:読書




| 西 加奈子 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 22:44 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/968

トラックバック


SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND