アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ
横山 秀夫

これはなかなか読み応えのある一冊だったな。
このタイトル、そして冒頭、いわゆる山男の登山関連の小説だと思って疑ってなかった。
ところが読み進むうち、どうやら自分が思い違いをしていたことに気づく。

世界最大の航空事故といわれた日航機墜落事故。
アタシがただの山男なんだと思っていた主人公は、地元の地方新聞社の記者だった。
その彼の目を通して、新聞社の中の人間関係、また家族の関係なんかが描かれる。
引っ張られる感じでついつい読み進めてしまうような力強い小説。

社内の人間関係は、やはりかなりひどい。
っていうか、まぁどこの組織でもそうなんだろうけど、こうして文字で見るとそのひどさにガクゼンとする。
あぁ。きっとウチの職場もこうやって書いてみると相当ヒドいんだろうなぁ……と想像する。

そんな組織の中で、彼はその事故に対する全権を任される。
このことで多忙な日々を送りながら、さまざまな人間関係を受け入れ、ときに衝突しながら、自分の立ち位置を少しずつ変えていく。
仕事に対する思いの違いだけではなく、妬みや蔑みなどの決してキレイじゃないことから、ののしりあう大人たち。
良識ってなんだろうとか、人間性ってなんだろうとか、正義ってなんだろうとか、いろんなことを考えさせられた。

そしてそうした組織の中にあって、それぞれが進む道。
どの道が自分にあっているのかは分からないが、決して組織にしがみつくことだけが立派なわけではなく、また逆に合わない組織からさっさと出て行くことだけが立派なわけでもない。
生き方というのは、ホント人それぞれ。
アタシも自分に合った道を選べるようになりたいな。
結局最終的にはハッピーエンド。
思わずほっとにやけてしまうような感じに終わって、アタシ的にはうれしい。

出版社/著者からの内容紹介
85年、御巣鷹山の日航機事故で運命を翻弄された地元新聞記者たちの悲喜こもごも。
上司と部下、親子など人間関係を鋭く描く。

北関東新聞の記者・悠木は、同僚の安西と谷川岳衝立岩に登る予定だったが、御巣鷹山の日航機墜落事故発生で約束を果たせなくなる。
一方、1人で山に向かったはずの安西は、なぜか歓楽街でクモ膜下出血で倒れ、病院でも意識は戻らぬままであった。
地方新聞を直撃した未曾有の大事故の中、全権デスクとなった悠木は上司と後輩記者の間で翻弄されながら、安西が何をしていたのかを知る――。
実際に事故を取材した記者時代の体験を生かし、濃密な数日間を描き切った、著者の新境地とも言うべき力作。

若き日、著者は上毛新聞の記者として御巣鷹山の日航機事故の現場を取材しました。
18年という長い時を経て初めて、その壮絶な体験は、感動にあふれた壮大な長編小説として結実しました。それが本作品です。

――記録でも記憶でもないものを書くために、18年の歳月が必要だった。
横山秀夫

単行本: 421ページ
出版社: 文藝春秋 (2003/8/21)
ISBN-10: 4163220909
ISBN-13: 978-4163220901
発売日: 2003/8/21




| 横山 秀夫 | 20:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 20:30 | - | - |
コメント
NAME : pumila
DATE : 2007/10/11 10:31 PM
チョロさん、はじめまして。
横山さんの小説はまだんまり読んでないんですけど、これ、面白かったですね。
ほかにオススメがあったらぜひ教えてください。

NAME : チョロ
DATE : 2007/10/10 6:12 PM
はぢめて、かな?
「削除ボーイズ」で目に留まり、それ以来ときおり参考にさせてもらっています。
「クライマーズ・ハイ」は、名手横山氏の作品のなかでも絶品ですねっ。感銘が大波のように来るのではなく、津波のように引くこともなくドドドッと来る感じでしたね。


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/724

トラックバック


SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND