アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
言いまつがい
言いまつがい
言いまつがい
糸井 重里

発刊当時気になっていた本なんだけど、結局そのまま忘れ去っていて、たまたま先日本屋で見つけた。
で、ちょっと見てやろうかとパラパラとめくってみたんだけど、これがおかしくって。
なんだか笑えてきてしまって、それ堪えてると余計に笑えてきちゃいそうで、仕方なく購入。
その後家に帰り着くなり、ようやくおおっぴらに笑いながら読むことができました。
「あ〜。コレ、あるあるっ!!」っていいながらゲラゲラ。

まぁ、このあと読み返すことはないんだろうなぁって思うけど、やっぱりこういう本は買わなきゃダメね。立ち読みなんてできないわ。恥ずかしくて。
電車の中とか病院の待合室とか、とにかく人目のあるところで読むのは避けたほうがいいかも……。
くだらない。実にくだらない。
だけど笑ってしまう。そんなバカげた本でござる。


単行本: 350ページ
出版社: 東京糸井重里事務所 (2004/2/14)
ASIN: 4902516012

出版社/著者からの内容紹介
糸井重里が主宰するホームページ、ほぼ日刊イトイ新聞に届いたおびただしい数の「まつがいネタ」の投稿を、シチュエーションごとに厳選、大編集。その数、なんと700発。700発700発700発。読みごたえ満点の352ページ。しりあがり寿氏によるシュールな挿画も必見の出来映え。一度「くすっ」と笑ったら連鎖的に笑い続けてしまう不思議な本に仕上がった。しかも、ややこしい前提や心構えは一切いらない。目についたところから読めば、老若男女を問わず楽しめる。また、この本のもうひとつの魅力はその装丁。ひと言でいうと、かたちが変。裁断が斜め。角が丸い。部分的に穴が空いてる。「言い間違いをテーマにした本だけに、製本も間違えてみた」と制作者は語るが、印刷所と製本所がよろこんだとは思えない。これは、もう、本であり玩具であり、愉快と痛快をくちばしにくわえた迷惑な伝書バトである。

内容(「MARC」データベースより)
正しい日本語の、あまりにナイスな反面教師。Web新聞『ほぼ日刊イトイ新聞』等掲載をまとめる。03年刊「オトナ語の謎。」の弟本。本のカドが丸まっている、裁断が斜め、表紙の紙が小さいなどは「不良品」ではありません。


| 糸井 重里 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


| - | 09:10 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/479

トラックバック

オトナ語の謎
オトナ語の謎。(オトナごのなぞ)は、ほぼ日刊イトイ新聞上にて連載されていたコンテンツの一つ、およびそれを基にした書籍のタイトルです。
| わたしのブログ | 2007/04/27 12:52 PM |


SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND