アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ストロベリーライフ
評価:
荻原 浩
毎日新聞出版
¥ 1,728
(2016-09-23)

明るい気分になりたくて、荻原サン。

 

東京で自らデザイン事務所を構えているものの、仕事はほとんど入ってこない中、妻と息子と慎ましく暮らしている主人公。

父親の急病の知らせを受けて地元に帰ると、家業の農業が彼を待っていた。

富士山のふもとの田舎町で、仕方なく母を手伝いながら農作業をするうちに、夢が膨らんでくる。

イチゴ農家というその夢と、東京で待つ妻と息子。

 

内容自体は前向きだし、面白いし、なんといっても読みやすい。

ただ、なんとなく、農業のことすごく勉強したんだろうなって思うような、なんていうかちょっと説明っぽい感じが否めない。

気軽に読みやすいっていうのが作者のウリなのにな〜。

 

そして内容も前向きですごくいいし、読みながら応援したくなる。

けど、ちょっとあまりにも都合良過ぎる感じがして。

最初から取引先が何箇所もできたり、客が来たりする?

 

農家さんっていうのはつくづく大変なんだと思う。

天気とかイキモノとか、自分でどうにもならないモン相手にしてるし。

そのうえ地域とか仲間意識とか高くて、それは逆にヨソモノを良しとしない風土にもなってる。

実際この小説、楽しく読みながらも、いろいろなことが気にかかって仕方がない。

 

もちろんハッピーエンド。

独自ルートでのイチゴの取引(しかもネット、産直スーパー、地域の飲食店とバラけてて、そのうえ海外にまで!)が始まり、観光農園も上手くいき、懸案だった妻と息子との暮らしも戻り。

そしてイチゴ農園の夢はさらに広がり……。

あまりにもハッピーすぎる終わり方に、楽しく読んでた気持ちが最後になって醒めてしまった感じかな〜。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 



| 荻原 浩 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:42 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2105

トラックバック


SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND