アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
陸王
評価:
池井戸 潤
集英社
¥ 1,836
(2016-07-08)

久しぶりに池井戸さん。

それまで大のお気に入りだったのに、例の半沢さんのドラマで有名になってしまって、なんだかちょっと愛着が薄れたように感じてたけど。

やっぱり読んでみるとオモシロイ。

がんばる経営者の苦戦を描いた相変わらずのものだけど、やっぱり単純に感動するし、手が止まらなくなるし。

 

百年の歴史を持つ老舗の足袋製造業者が、新たな事業としてランニングシューズに参入。

そしていろんな課題とか問題にぶつかりながらも、実直な経営者は前に進もうとする。

 

できるかできないかではなくて、やりたいかやりたくないか。

地道に積み上げるしかない信頼。

夢の実現と現実の厳しさとか、裏切りとか。

そんな葛藤が、読みながらストンと素直に入ってくるかんじ。

 

こういうの読むと、自分のことをふりかえるいいきっかけになる。

そして読み終えて、なんだか気分がいい。

マンネリだろうがなんだろうが、こうして前向いてがんばる市井の人たちをこれからもずっと描いてほしい。

 

 

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

JUGEMテーマ:読書

 



| 池井戸 潤 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 12:52 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2101

トラックバック


SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND