アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
小説の家
評価:
柴崎 友香,岡田 利規,山崎 ナオコーラ,最果 タヒ,長嶋 有,青木 淳悟,耕 治人,阿部 和重,いしい しんじ,古川 日出男,円城 塔,栗原 裕一郎
新潮社
¥ 4,104
(2016-07-29)

想定がなんかキレイでちょっと大きめの本。

いろんな作家のアンソロジーだと思ってたんだけど、

どうやらもうちょっと、こう…アートっぽいヤツだったみたい。

 

なので、中を開いてみると、なんていうのかなぁ、なんだかやたら凝ってる。

カッコいいのかもしれんが、いかんせん読み辛い。

そして、ちょっとアートに惑わされて入り込めなかったのか、

面白いと思える短編にめぐり合えず……。

アタシには芸術的すぎたのかも。

 

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本



| アンソロジー | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 17:28 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2100

トラックバック


SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND