アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
バラカ
評価:
桐野 夏生
集英社
¥ 1,998
(2016-02-26)

なんだか重過ぎて深すぎるテーマが盛り込まれすぎて、ハードな読書になってしまった。

前半は女たちの仕事観とか結婚観とかが嘘ばっかの男とか自堕落な男とかと一緒に描かれつつ、その行き着いいた先が人身売買。
そして後半は福島の原発が全部爆発して、首都が大阪に移っている。
非難区域の中で見つかった少女バカラ。
反原発派に守られながら成長した彼女は、政治の具として原発派からも捜されて。

誰が見方で誰が敵なのかと思いながらただ読み進む感じになってしまった。
なんだかいろいろありすぎて、読みつかれてしまったかも。


JUGEMテーマ:最近読んだ本

JUGEMテーマ:読書





| 桐野 夏生 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:44 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2078

トラックバック


SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND