アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
サブマリン
評価:
伊坂 幸太郎
講談社
¥ 1,620
(2016-03-30)

大好きな伊坂さん、しかもチルドレンの続編だとか。
カバーもチルドレンの雰囲気そのまんま。
それはもう読む前からテンションが上がる。
というか上げすぎたのか、ちょっと物足りない気がした。

ホントに正しいことってなんだろう。
ホントの正義ってなんだろう。
…そんな答えが出ない、重いテーマが多い彼の小説だけど、今回もそう。

ただひとつ改めて思うのは、彼が書く文章の雰囲気がやっぱり好きだっていうことか。
言葉の使い方とか選び方とか。
また次自作を楽しみにしていよう。

JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:最近読んだ本




| 伊坂 幸太郎 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


| - | 23:32 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2075

トラックバック

「サブマリン」(伊坂幸太郎)
「サブマリン」(伊坂幸太郎著) *** 内容紹介 *** 「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。 そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。 俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」/
| Noinuの云いたい放題、やりたい放題 | 2016/09/11 7:26 PM |


SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND