アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減
全国の896の地方都市がなくなるんだって!
といって一時期メディアで物議を醸した増田レポート。
その後俄かに地方創生だなんだと騒がしくなって久しい。
なんだか今更な感じはするものの、ちょっと読んでみようかという気になって。

内容としては確かに納得する。
何か突飛もないことを言っているわけではなくて、
数字を前にそれを当たり前に整理し、分析している。


子育てに適さない東京に若い女性がどんどんと移動してきたことで
日本の人口は減り続けているし、これからもしばらく増えることは望めない。
子どもでも分かるような単純で簡単な理論。
このあたりの分析は非常に論理的だし、共感する。

そしてその次に、ならどうすればいいのか。
この部分を今、多くのエラい人たちがいろいろと考えているんだろうけど、
ホントにどうしたらいいんだろうねぇ。
都会で暮らしたいっていう若い人の気持ちもわからなくはないし、
田舎より都会で暮らすほうが合ってる人もたくさんいるだろうし。
この、ならばどうすればいいのかの部分。
政治だけでどうにかなる問題でもなく、個人だけの問題というのでもなく。
難しいハナシになっちゃう。
終盤の対談も、小泉進次郎なんかも出てて読みやすかった。

ただ、文庫サイズのせいなんだろうけど、グラフとかデータとかがやたら見にくい。
もうちょっとキレイに整理したらよかったのに。

JUGEMテーマ:最近読んだ本

JUGEMテーマ:読書



| そのほかの本 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:53 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2057

トラックバック


SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND