アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
火星に住むつもりかい?
評価:
伊坂 幸太郎
光文社
¥ 1,728
(2015-02-18)

お気に入りの伊坂さんの新刊が出ていたので買って帰ってすぐに読んでみた。
公権力を使った魔女狩りVS正義の味方って感じ?
相変わらず最初の方は話があちこち飛んで読みづらい。
そして最後にはそれらが意味を持ってつながって、終結していく。

伊坂さんの小説にたびたび登場する、正義と悪とか偽善とか。
群集心理とか、暴力や権力による支配とか……。
これまでもこのようなことをテーマにした小説って、結構ある。
それらの中でもこれはちょっと重いように思えた。
文章はあくまでも軽快で、登場人物は相変わらず絶望的な状況でも飄々としている。
だけど、会話の中でくだらない軽口が少ないような気がする。
たったそれだけで、こうも雰囲気の違いを感じるものなのか。
もしくは読むほうのアタシの感覚がちょっとズレてきているのか。

ただ、やっぱり相変わらずこの世界観というか、視点というのには
なんとなく共感を感じるし、やっぱりオモシロい小説。
途中で罪もない人たちが何人も死んじゃうし、相変わらず悪い権力者は悪いままだし。
それでもなんとなく折り合いつけて、それなりに普通に生きていくって、
まさに普通の生活をしているアタシたちそのものじゃないのかな。

一番気に入って、少し笑って、そのあとなんとなく納得したのが
人を助ける基準を自分なりに作った正義の味方の線引き。
営業活動だって(笑)
だけど、こうやって人はみんなどっかで線を引いて折り合いをつけていかなきゃ全部はムリ。
これは人助けだけじゃなくて、生きていく中で起きる出来事のだいたい全てにおいて。
この部分にすごく共感できるせいで、伊坂さんの描く小説がすきなのかもしれない。
と今気づいてみたり。


JUGEMテーマ:最近読んだ本


JUGEMテーマ:読書




| 糸井 重里 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 16:59 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2052

トラックバック


SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND