アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ステキな金縛り
三谷サンの映画は、ホントに面白い。
これはまた、ドタバタめちゃくちゃなハナシなのにもかかわらず、
なんだか人の優しさとか情とかいうのが感じられたりして。

なによりダメ弁護士役の深津絵里がカワイイ。
このヒト、いったいいくつなんだか分からんけど、カワイイです。
そして落ち武者の幽霊役の西田敏行と、相手方弁護士の中井貴一。
この2人、相変わらずええシゴトしますな〜。

弁護を引き受けた被告人のアリバイを証明できるのは幽霊だけ。
幽霊を法廷で証言させるには、その幽霊自体を証明しないといけなかったりして。
リアリティのない無茶苦茶な設定にも係らず、なぜか無理せずに普通に入り込めて、
しかも人間味が感じられたりして、いい映画でした。

どうでもいいけど、法廷画家が描く絵が笑えた。



JUGEMテーマ:今日観たDVD

JUGEMテーマ:映画の感想

JUGEMテーマ:最近みた映画



| 映画 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


| - | 20:58 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2046

トラックバック

『ステキな金縛り』
『ステキな金縛り』 長いだ何だと文句を言いつつ見てしまう三谷作品。 本作は、140分という長さながら、楽しく見られました。 『ラジヲの時間』の次に好きかも。 落ちこぼれ弁護士、ちょいズレた先輩弁護士、落ち武者、しかばね荘・・・という設定と、 演出
| 観・読・聴・験 備忘録 | 2015/02/20 1:12 AM |


SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND