アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
村上海賊の娘<上巻>
評価:
和田 竜
新潮社
¥ 1,680
(2013-10-22)

時代モノはちょっと苦手だと自ら認識しているアタシだが、
この作者の小説は、そんなことを忘てしまう。
『のぼうの城』もそうだったけど、生き生きと描かれる人物のせいかな。

この小説で描かれる対立は、織田信長VS大坂の本願寺。
本願寺に兵糧を運ぼうとする毛利家だが、信長陣営に囲まれてしまい、海路しかない中、
その毛利家が頼りにしたのが瀬戸内海の海賊。
村上水軍ってそういえば聞いたことあるよな〜ってぐらいの歴史オンチなアタシ。
その他の登場人物にも聞き覚えのある名前がいくつか出てくるが、
いかんせん造詣の浅いアタシは、その誰にも特段の思い入れもなにもなく読み進む。

で、イチバンのキャラクターは、タイトルにもなっている村上海賊の娘だ。
当時「海賊王」と呼ばれていた村上海賊の主、村上武吉の娘、景。
生真面目な兄と気弱な弟の間に生まれたこの娘がオモシロイ。
容姿は悪く、男勝りで単細胞、戦に憧れる一方で、イケメンが好きだという。
その容姿については、冒頭「醜女」という言葉が使われているが、
背が高く、堀が深く、実は欧米風の容姿だったようだわ。

この女が、その容姿が大坂ではモテるという話に飛びつき、
大坂本願寺を目指す門徒たちを乗せた船に同乗する。
門徒たちは本願寺の砦に無事たどり着き、
景と弟は本願寺を攻めるために信長の配下にある泉州海賊たちの砦で戦を目の当たりにし、
景は自分が戦に対して描いていた憧れをぶち壊され、失意のまま瀬戸内海に帰る。

っていうようなところが上巻。
この時代の戦というのは、とにかくやたら人が死ぬ。
そういうものだったんだろうけど、現代人のアタシらには想像するのも恐ろしい。
ただ、この上巻では、織田家の下に集う泉州の武士や海賊たちの関係が面白くもカッコいい。
武勇をあげるために戦いながらも、相手のことを認めたりして。

この厚みの上下巻2冊って……とか思ったりしたものの、
読み始めたら止まらない。
こういうのをオモシロイって言うんだろうな。


内容紹介
『のぼうの城』から六年。四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作!
和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。
毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。
折しも、娘の景は上乗りで難波へむかう。
家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる!
第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:最近読んだ本




| その他のヤ行の作家 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 12:45 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2027

トラックバック


SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND