アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
アクティブメジャーズ
久しぶりに今野さんの小説を選んでみた。
『凍土の密約』のシリーズかな。
刑事とはまた違う公安マンを描いている。
このあたりの違いなんか、普段のアタシには無関係だからか、
なんど読んでも「ふ〜ん」ぐらいにしか思えないんだけど。
それなのに、サクサクと読ませるこの力はなんだろう。
ただ単にアタシと今野さんの作品と愛称がいいということかな。

主人公は、エース級といわれる公安マンの第一歩「ゼロ」の研修から帰ったばかりの倉島警部補。
つまりエースのヒヨッコみたいなものかな。
で、着任後すぐに下った命令は、エース級の公安マンである葉山を探ること。
それを探るうちに、ある新聞記者の死とつながっていく。

刑事と公安の関係性が、ばかばかしくも腹立たしい。
今野さんの小説も刑事を描いたものも多く、
ほかにもアタシは刑事が主人公とかいう小説を読む機会が多くて、
刑事って頭よくって、かっこいいとか、正義感が強いとか、
そんなふうに思いながら読んでるんだけど、
公安の視線でこうやって描かれると、なんていうか頭悪いな〜って思ってしまう。
まぁ、実際は同じ事案でも、見方がまったく違うせいで、
それに対する行動も違っているってことだけなんだろうけど。

で、コレ。
結果よければすべてヨシって感じかな。
ヒューミントですな。ヒューミント



内容(「BOOK」データベースより)
警察庁警備局警備企画課の情報分析室「ゼロ」の研修から戻った倉島警部補に下った新たなミッション。
それは、同僚で公安外事課のエース、葉山の動向を探ることだった。
同じ日、新聞社の編集局次長が、マンションから転落して死亡した。
自殺の線で事件を幕引きしようとする所轄の方針に、本庁と倉島は疑念を抱く。
マスコミ界の大物の死、そしてエース公安警察官に降りかかる疑惑。
二つを結ぶのは、謎の女性。
マスコミ、ロシア、そして公安部と刑事部。
さまざまな思惑が入り乱れる状況を、倉島警部補はどう読み解いていくのか。
知的興奮がとまらない、国を守る公安警察官を描く警察小説。

JUGEMテーマ:最近読んだ本
JUGEMテーマ:読書




| その他のカ行の作家 | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 19:54 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/2004

トラックバック


SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND