アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
つむじダブル
評価:
小路幸也,宮下奈都
ポプラ社
¥ 1,470
(2012-09-15)

小路サンと宮下サンの2人の名前が並んでて、
なんとなく手にとってしまったもの。
2編の連作かなんかと思ってたら、実は違ってたね。

これはある普通の幸せな家庭を描いたもの。
両親とおじいちゃん、年の離れた兄と妹。
高校生の兄のことが大好きな小学生の妹。
子どもたちを愛している明るい母。
まじめでやさしい父。
道場と接骨院を営むおじいちゃん。
そんなどこからみても幸せで秘密のかけらもなさそうな家族。
ちょっとしたことで秘密が見えてくる。

小学生の妹の目線の章を宮下さん、
高校生の兄の目線からは小路さんが書いている。
小路さんが書いたのってなんかすぐ分かるよね。
東京バンドワゴンの雰囲気そのまま。
才能がある人とか有名人とかが身近にいて普通に暮らしてて。
やた幸せな感じがして。

アタシは妹のまどかちゃんの目線の感じが、
小学生のころの、子どもの役割を意識し始めるころの
あの感じが良く出てて好きかな。

JUGEMテーマ:最近読んだ本
JUGEMテーマ:読書




| 小路 幸也 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:52 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1933

トラックバック


SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND