アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
幸せになる百通りの方法
久しぶりの荻原さん。
この作者の小説は大好き。
あったかくてやさしくて。

この「幸せになる百通りの方法」は
七編からなる短編集。
サラリととっても読みやすい一冊。
性別も年代も違う人たちがそれぞれ主人公。
誰もが幸せになりたいと願っている。
どれもちょっとほっこりするような暖かいお話。
そして、幸せの定義は人それぞれだって感じるもの。

『ベンチマン』が印象に残ったかな。
会社をリストラされたお父さんが主人公。
家族にそれを言い出せなくて、毎日出勤する。
行き先は公園のベンチ。

この人が描く小説は、最後のオチがあったかくていい。
アタシももちろん幸せになりたいと願っている。
幸せってなんだろな。

JUGEMテーマ:最近読んだ本
JUGEMテーマ:読書




| 荻原 浩 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:59 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1866

トラックバック


SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND