アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ダーティー・ママ
評価:
秦 建日子
河出書房新社
¥ 1,575
(2010-07-08)

秦建日子の小説だ〜っていうイメージで読むことにしたんだが、
これってテレビドラマでやってるんじゃないの??
そのドラマって最初の1回、たまたまついているテレビでやってた。
それをチラチラとみてしまったせいで、もうその印象が強くて強くて。

この小説自体は、そんなにつまんないものでもないんだろうに。
1歳の子どもを常に連れ歩くシングルマザーの刑事。
アンフェアの雪平とはまったく別路線の、でも女刑事。
先入観なしで読むともうちょっと楽しめたのかな〜。

なんせ読んでも読んでも、あのくるくるパンチパーマの永作博美と
とぼけた顔のカリナの顔が浮かんでくるんですもの。
なんだかなぁ。
とドラマを見てしまったことばかり攻めても仕方ない。

どうみてもコメディ色が強い本作だけど、この作家の小説はもうちょっと何か深いものを期待しちゃう。
多少突飛な設定の小説は嫌いじゃないけど、ここまでくるとリアリティがゼロだし。
なんかドタバタと楽しく読めるかもしれないけど、何も残らない感じ?
秦サン、次に期待したいと思います。

JUGEMテーマ:最近読んだ本
JUGEMテーマ:読書




| 秦 建日子 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 18:56 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1849

トラックバック


SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND