アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ヒア・カムズ・ザ・サン
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年に経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた……。


この7行の文章から作者が紡ぎだした小説だそうです。
……作家の想像力というか創造力っって、やっぱりすごいですね。
ただ、同じ登場人物で2つのお話を書いてしまったんですね。
アタシとしては、どうせだったら一つでいいからもうちょっと深く描いてほしかったなという印象。

モノに触れることで、それにまつわる人の気持ちを感じ取ってしまうという特殊な能力。
その能力とうまく付き合っていく行き方を学んだ真也が主人公。
作家が書いたものからは、特に強い強い思いを感じるという。
彼はその能力をうまく活かしながら、転職ともいえる編集者という職についている。
同じ能力を持っていた祖母の教えは、その力を自分のために使おうとするなというもの。

普段はその力をなるべく使わないよう、感じないように生きている彼が、
大事な相手のために使う。
そのシチュエーションは最初の七行のとおり。
そこからできた二つの物語は設定は似たようなものなのにぜんぜん違うモノ。

アタシは2作目のほうが好きかな。
プロポーズをしたカオルが、『実は……』と切り出したのは、
亡くなったと言っていた父親が実は生きていて、今度20年ぶりに会うという。
噓ばっかりついて本当にどうしようもない父親だという。
両親はすでに離婚しているとはいえ、大事な相手の父親。
できることならこの二人の気持ちのわだかまりを解きたい……。
彼はその能力によって、父親の本当の帰国の理由を知る。
だけどすべてがうまく伝わらなくて、逆にカオルは頑なになるばかり。

本当に心があったかくなるお話を語らせたら、とっても上手な作家。
有川サンの書くものでは、きちんとそのツボで泣けたりするアタシだが、
やっぱりちょっと性善説が過ぎる気がするなぁ。
などと思いつつも、やっぱり優しい気持ちになれるこの人の小説は好きです。


| 有川 浩 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


| - | 23:36 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1822

トラックバック

有川浩「レインツリーの国」
有川浩著 「レインツリーの国」を読む。 このフレーズにシビれた。  その声さえ聞かせてくれたら、もう俺は君に振り向いて欲しいなんて考えません。  君と付き合えないとしても、 ...
| ご本といえばblog | 2012/02/12 11:29 AM |


SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND