アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
プリズム
評価:
百田 尚樹
幻冬舎
¥ 1,575
(2011-10-06)

あ。BOX!の人だ。
という印象で読み始めたんだが……。
これは恋愛小説なのかな。
なんかちょっとゆがんだ恋愛小説。
ある意味ホラーな感じ。

なんか読んでいて嫌だな〜と思うわけではないものの、
なんかちょっとドロドロと不気味な感じの小説。

夫との二人暮らし。
子どもができなくて、一人の時間をもてあます主婦。
時間を埋めようとはじめた家庭教師。
派遣されたのは豪邸で、生徒の小学生は素直でいい子。
ところがその豪邸には、離れに一人の男が住んでいた。

解離性ナントカっていう病気をわずらっている家の主人の弟。
いわゆる多重人格。
この珍しくて厄介な病気を取り上げている。

家庭教師の女性はその多重人格の中の一人の人格に恋をする。
本来の人格ではない、でも一つの人格。
十数人もの人格を持っているという男。
その中でもとてもデキた人格の男は、その病気の治療にとって必要な人格だった。
その派生した人格は、本来の人格に統合されていくという治療が行われるという。
つまり最終的には、自分が愛している男はなくなってしまう。
物理的にいなくなるのではなくて、その人格がなくなってしまう。
なんだろうなぁ。
ものすごく心が重くなるような恋愛だな。

ただ多重人格っていう病気は、ものすごく厄介で辛いもののようだ。
普通の人だって、酔っ払って記憶をなくすというのはよく耳にする話だ。
それと似たような感じなのかなと思ってみたり。
でもやっぱり、まったく違うものだとも思うし。

アタシもそうだけど、誰だって気分の浮き沈みはいっぱいある。
そのふり幅がビックリするほど大きいときもあるし。
そういうののひどいのを創造してみたが、やっぱり辛いな。ソレって。
一緒にいる相手に急に怒り出されたりしたら。
ものすごくビックリするし、腹も立つし、悲しくもなるし。
やっぱり穏やかな落ち着いた相手と一緒にいたいって思う。





JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:最近読んだ本




| その他のマ行の作家 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:54 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1796

トラックバック


SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND