アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ポニーテール
評価:
重松 清
新潮社
¥ 1,575
(2011-07)

シゲマツさんの本は、なんだか久しぶりに読みました。
なんていうのかなぁ。
懐かしいというか、安心できるというか。
確かに優しすぎるかもしれないし、マンネリかもしれないけど、
それでもやっぱりアタシは、この人の描く世界観は好きだな。

これは両親の再婚によって、新しい家族が、家族になっていく様子を描いたもの。
とてもとても優しくて、やっぱり読みながら鼻の奥がツーンとなってしまう。
母親が病死し、父親と二人ぐらしだった小学4年生のフミ。
父親と離婚し、母親と二人ぐらしだった小学6年生のマキ。
この2人が少しずつ少しずつ姉妹になっていく。
両親は二人の子どもに、気を使いながらもしっかりと向き合い、
時には泣いたり喧嘩したりしながら、少しずつ家族になっていく。
そんな家族の様子が、主に一番下のフミの目線で描かれる。

やっぱり家族って難しい。
気を使いすぎてもダメだし、気を使わなすぎてもダメだし。
このオハナシに出てくるお母さんが取っても素敵です。
フミを産んだお母さんも優しくて素敵だけど、
いわゆる新しいお母さんがとっても好き。
元気イッパイで明るくて、サバサバしてて。

それにしてもやっぱりシゲマツさんの力は強い。
読み手をこれだけ引き込ませる力。
そして辛い状況とかを織り交ぜながらも、
必ず前向きな気持ちにさせてくれる。
だからまた読みたいと思うんですね。

JUGEMテーマ:最近読んだ本
JUGEMテーマ:読書




| 重松 清 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:02 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1750

トラックバック


SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND