アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
そこへ行くな
評価:
井上 荒野
集英社
¥ 1,680
(2011-06-24)

7編が収められた短編集。
終わり方が、どっちにでも取れるような感じのものがあったり、
シュールな感じのものがあったり、
あまりよく分からないものもあったり。
そこに行ったことによって起きてしまったのか、
あるいはそこに行かなくてもそうなったのか。
……そんな短編が並ぶ。

『遊園地』夫婦同然に暮らしてきた男の秘密を知らせる一本の電話。
『ガラスの学校』バスの事故で死んだ母はどこへ行こうとしていたのか。
『ベルモンドハイツ401』中学の同窓生達が集まったあの部屋の、一夜。
『サークル』「追っかけ」にあけくれた大学生活、彼女の就職は決まらない。
『団地』引っ越し先の古い団地には、老人ばかりが住んでいた。
『野球場』貸しグラウンドの女事務員が、なぜ俺の部屋を訪ねて来るのか。
『病院』母の入院先に、嫌われ者の同級生も入院してきた。

アタシは最初の遊園地が好きかも知れない。
なんとも重苦しくて感じがいいとはいえないハナシだけど。
エンディングは明るいほうに解釈したい。


JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:最近読んだ本




| その他のア行の作家 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 21:04 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。

トラックバック


SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND