アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
砂の王国(下)
評価:
荻原 浩
講談社
---
(2010-11-16)

下巻のほうは、上巻と比べて失速したなぁって印象。
自分の都合でコマ切れな感じに読んだせいでもあるんだろうけど。
上巻ではホームレスに転落した男の一念発起までが丁寧に描かれていた。
下巻では、彼の構想に乗って物事が動き出す。
気持ちいいほどに、多くの人を引き込み、思い通りに動いていく様子は読んでいて楽しい。
ところが自らが作り出したその虚構の中で、その制御がきかなくなっていく。
救いを商売にしてしまった男が救いを求める先はどこなのか。

宗教団体って、実際のところはどうなのか分からないんだけど、多かれ少なかれこの小説で描かれている人間模様ってあるに違いない。
宗教団体に限らず、人間が複数集まると、そこには必ずあることなんだろう。
ある者にインセンティブを与え、それを見せ付けることで競争心を煽るようなやり方だとか。
初めはほんの思いつき。
ところがどんどんと宗教にのめり込んでいく人間の様子って、こうして物語でみてみるとよく分かるなぁ。


ただ、下巻の終盤はもう、なんかやっつけみたいに読めてしまった。
アタシの読み方がそうだったのかもしれないけど。
確かに、こういうふうに団体の制御体制が崩れていくのって、あるとき突然なんだろう。
それにしてもなんか、なし崩し的にダダっと書き終えちゃいましたって感じがしてしまって。
荻原サンの一ファンとしては、ちょっと残念な気がしました。

自らが作り上げた城は、大きくなりすぎてある時点でもう自分の手では制御できなくなり、とうとうその城からも追い出される。
まぁ『砂の王国』っていうのは、ベタすぎるほど内容にピッタリなタイトル。
そして、どんな状況を描いているときでも、荻原サンらしい、ちょっとユーモアを感じさせる文章。
なんだかんだ言いながら、これだけの長い小説をサラリと読ませてしまう力は流石なんじゃないのかな。


JUGEMテーマ:最近読んだ本
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:芥川賞・直木賞




| 荻原 浩 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト


| - | 12:56 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1610

トラックバック

【砂の王国】(荻原浩)を読了!
会社を辞め、転職に失敗し・・・極貧の中で考えた社会への復讐とは?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】全財産は、三円。転落はほんの少しのきっかけで起きた。大手証券会社勤務からホームレスになり、寒さと飢えと人々の侮蔑の目の
| じゅずじの旦那 | 2011/02/10 9:57 PM |

レーシックってどう
レーシック施術医院比較.infoでは〜安心できるクリニックをご紹介しています〜
| レーシック施術医院比較.info | 2011/02/05 7:34 AM |


SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND