アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
僕の明日を照らして
評価:
瀬尾 まいこ
筑摩書房
¥ 1,470
(2010-02-10)

大好きな瀬尾さんの新刊。
読んだヒトが嫌な思いをすることって少ないだろうなぁっていうのが多い瀬尾センセの小説。
だけどコレは珍しくちょっと賛否両論あるんだろうなぁって感じ。
つまんないっていうか、読んでて面白くないってヒトもいるんだろうな。
あ。アタシはキライじゃない。
読みながらたまに、ウッと胸が詰まりそうになったりはしたけど。
辛気臭いテーマの割には、あったかくて優しい雰囲気はいっぱいだし。
中学生が成長していく感じもとってもイイし。

主人公は中学2年生の男子。
いわゆる母一人子一人という家庭で育った彼に、中学に入って父親ができた。
再婚相手は母よりちょっと若くて、歯科を営む素敵なヒト。
再婚後もスナック経営を続けている母と、歯科医の父と中学生。
家では必然的に父と息子の時間がほとんどとなる。
そこでたまに起きる事件。
普段は優しくて素敵な父親なのに、あるとき突然暴力をふるう。
それでも彼は父親のことが好きなのか。

母と二人、いつも一人で過ごしていた夜。
その闇が、父親がきたことでなくなった。
暴力を振るわれようとなんだろうと、やっぱり父と暮らす夜を守りたいという。
そのあたりのことが、アタシにはどうにもピンとこなかったんだけど。
それはDVだなんて報道とかなんとかで聞いてはいるものの、やっぱり本質がわかってないせいかな。

普段はとってもフランクで優しくていいヒトなのに、
あるとき突然キレてしまう。
そしてそうなるともう、どうしてもとまらない。
そんな状況、ちょっと体験したことないな。

母親がいない家の中。
いわゆる養父から暴力を受ける中学生。
やり返すことも、追い出すこともできるかもしれない。
だけど彼はそれを絶対にいやだという。
そして2人でいろんな方法を試しながらなんとかしようとする様子がつらい。

2人でその暴力について話し合う。
キレてしまった自分の気をそらすよう、何か別のことを話しかけてくれ。
そんなふうに中学生にハナシをする大人の姿を想像すると、なんだか胸が痛くなる。
またはカルシウムを摂るとキレにくくなるというハナシを聞いた中学生が、料理を始める。
そしその料理のわけを、きちんと父に伝え、2人でハナシをする。
2人でその日の日記を毎日つける。
殴られた日も殴られなかった日も。

普段は本当に仲のいい親子。
母親よりも血のつながってない父親と一緒のほうがすごしやすいみたいな。
2人で料理を作ったり、旅行に出かけたり。
だけどそんな平和な中にも、どこか不安定な雰囲気が底辺にあって。

そうやって苦労して、辛い思いをたくさんして、ようやく乗り越えたかと思ったのに。
ラストはとってもやるせなくって、なんだか……。
瀬尾センセにしては、なんだか大人な終わり方かなって。
でも、後ろ向きじゃないところがイイですね。
この2人きっともう大丈夫って。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:最近読んだ本




| 瀬尾 まいこ | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 22:59 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1569

トラックバック


SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND