アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ちょいな人々
ちょいな人々
ちょいな人々
荻原 浩

荻原サンらしい、ほんのりと優しさを感じる、ちょっと面白い人たちを描いた短編集。
どれもがクスっと笑えて、その人の言動とか、アホさ加減とかを少し愛しく思うような。
サラサラとあっという間に読めてしまうので、肩の力を抜いて読むのに最適。
中でも最初の短編、表題作でもある「ちょいな人々」が面白かったかな。
なんせ、オジサン、かわいくて。

ちょいな人々
クールビズの流れのなか、とある企業で突然導入されたカジュアルフライデー。
それまでスーツにネクタイ以外の服装を長らくしていないオジサンたちが、右往左往する様子がコミカルに描かれている。
途中でププっとひそかに何度笑ったか(笑)

ガーデンウォーズ
お隣同士の庭を守る争い。
方や盆栽や菊に果物の木。方やガーデニング。
その庭を争う二人を突然襲ったのはもっと大きな的。
とりあえず二人の間の争いは一時休止で、共通の敵にともに立ち向かう。

占い師の悪運
これはちょっとイイ話。
自分の未来に展望が見えなくて脱サラ。
占い師の道を歩み始めた30代男性。
彼が占いってものの本質に気づく。
実際にこうなれば本人には残念なラストなんだろうけど、なんかあったかくて、ステキ。

いじめ電話相談室
いじめ電話相談室に勤める女性が主人公。
赴任後間もない主人公は、当初戸惑いマニュアルどおりの対応をしていたが、少しずつ自分のやり方で子どもたちを救い始める。
それが評判になり、今度はその相談室で自分がいじめられるハメに。
コレもイイ話。優しくてあったかい勇気が出るような。

犬猫語完全翻訳機
これは笑いました。
ある玩具メーカーが新開発したオモチャ。
犬や猫の言葉を鳴き声や体温や血流などさまざまな要素で分析し、翻訳してくれるモノ。
その商品モニターの様子が描かれている。
結末は、最初から想像できるし、しかもその想像から全く外れない。
だけど言葉とか文章のせいか、これが楽しめるから不思議。

正直メール
これも、前出の玩具メーカーが、また新製品として作り出した商品。
音声認識によるメール作成ができる携帯電話。
この音声認識が優れていて、先の犬猫のシステムを再利用し、今度は人間の言葉や体の状況などを分析し、翻訳してくれる。
これが感情を優先して翻訳されると、かなりオモシロイ変換が待っている。
人間って、本当にいろんなところで本心出さずに生きてるモンだからね〜。

くたばれ、タイガース
プロポーズを受け、フィアンセから父母に結婚の申し入れをするために一席設ける。
その席は、阪神ファンの彼と、巨人ファンの父との初対面の場となった。
折りしもテレビ中継は阪神巨人戦。
結婚の話に及ばないままナイター中継は進む。
本当にホノボノしていて、うれしくなるほどの平和さ。


商品の説明
隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話。
社内女性のほめ言葉に有頂天になる中年課長はじめ、おっちょこちょいだけど愛すべき人たちの破天荒なユーモアワールド。

商品の詳細
単行本: 266ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/10)
ISBN-10: 4163275509
ISBN-13: 978-4163275505
発売日: 2008/10
JUGEMテーマ:読書




| 荻原 浩 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト


| - | 12:10 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1091

トラックバック

-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/12/09 8:35 PM |

パンツスーツ
パンツスーツの女性が最近増えてきています。結婚式などのイベントなどにも、ワンピースではなくパンツスーツで訪れる人が少しずつ増えているようです。通常はワンピースが主流ですが、あえてパンツスーツにすることにより、おしゃれ感が目立ちますね。
| パンツスーツ | 2008/12/01 10:07 PM |


SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND