アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
グラニテ
グラニテ
グラニテ
永井 するみ

先日読んだ「シズコさん」も母と娘の葛藤を描いたものだったが、図らずもまたこんなテーマの本を読んだ。
シックな装丁とグラニテというタイトルだけに気を取られて、内容を考えることなく選んだんだけど。

早くに夫を亡くしてから10年。
カフェを経営しながら娘を大切に育ててきた女。
大事なものをコツコツと守るように生きてきた彼女の生活が一変する。
きっかけは13歳年下の恋人と娘が出会ったこと。
映画監督の恋人は、チラリと一目見ただけで、彼女の娘を映画の主役に使いたいと言い出す。
そして娘もその映画の仕事にのめりこみ、それとともに監督に思いを抱くようになる。

これはなかなかシビアで切ない小説になった。
母と娘として、とてもいい関係を築いてきた二人が、一人の人間同士というか女同士という立場になったとき、そのバランスはあっという間に崩れる。
まぁ、あんまり想像はできるシチュエーションでないけど。

それでもこれだけ年下の恋人を持つ女としては、いろんな覚悟をしながら付き合っているんだろうことは安易に想像できる。
今はいい。ただ彼はきっともっと相応しい女性と相応しい家庭を築くんだろうという覚悟。
43歳と30歳。これはもう不安とかいうより確信なんだろう。
ただ、その相手が自分の娘だなんてことは、ちょっとアタシの想像力じゃムリ。

永井さんの作品なので、勝手にちょっとしたミステリを想像してたんだけど、これは女のエグいところとかズブリと刺して見せ付けるような。
母と娘との対峙もそうだけど、亡くなった夫の友人でいつも彼女に力を貸してくれていた男性が、実は彼女のことを思っていたというクダリなんてものすごくいやらしい。
女が女であることを使ってうまく生きていこうというズルさが。
そして何より、その男性の妻の静かな怒りが、ものすごく恐ろしい。
ただ、エンディングはキレイにまとまっていて、読んでいてほっとした。

そういえばグラニテってあまり口にすることがないな〜思いながら読んでいた。
なんせ外食がほとんどなくって、最近。
おいしい料理を出すお店で、上品なグラニテが食べたいもんだ。
この小説に出てくるのはリンゴと紅茶のグラニテ。おいしそう。

材料を凍らせてはかき混ぜて崩し、また凍らせてはまた崩し。
その単純作業の繰り返しだけなのに、なかなか思うようなものにならないもどかしさ。
変わったことをするわけでもないのに、とても難しい。
母が娘に抱く感情にも似ているのかもしれない。

出版社 / 著者からの内容紹介
愛しているから許さない。母と娘の物語。
万里はカフェのオーナー。夫に先立たれ、17歳の娘唯香と暮らしている。
年下の恋人・凌駕との関係も順調だったが、唯香と凌駕が出会ったことで、歯車が狂い始める…母親と娘との三角関係を描く長編。

単行本: 356ページ
出版社: 集英社 (2008/07)
ISBN-10: 4087712486
ISBN-13: 978-4087712483
発売日: 2008/07



| 永井 するみ | 12:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


| - | 12:51 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pumila.jugem.cc/trackback/1004

トラックバック

永井するみ 「グラニテ」
突然、映画に出演すると言い出した娘が、母親離れをするのに恋のライバルになったり、飼っていた犬が死んだり店の経営が思わしくないところに
| ゼロから | 2010/12/14 10:55 PM |


SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND