アタシが読んだ本のことなどをさらさらと……



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
ハチミツ
評価:
橋本 紡
新潮社
¥ 1,365
(2012-06-22)

この小説、好きだな〜。
10歳ずつ歳が違う三姉妹。
長女、澪はしっかり者。
次女、環は美人なのにちょっと抜けている。
三女、杏は高校生ながら家事を切り盛りする。

彼女らはそれぞれ父親が違う。
この父親が次から次へと相手を変え、
たまたま結婚までいった相手にできた子どもたち。
そしてその父親はなんとたまに家出をする。

この小説も父の家出から始まる。
書置きをみて、なお淡々と朝食の準備をする杏。
次に起きてきた環は、それをみて大慌て。
最後に起きてきた澪は、冷静沈着に事態を把握する。

そんな姉妹それぞれの、職場での、学校での人間関係や
好きな人との付き合い方を淡々と描いている。
当たり前だけど三人それぞれ性格が違う。
血もつながってない。
だけどそれまでずっと同じ家で暮らし続けてきた中で、
分かり合える何かってとってもほんわかしていていい。

で、この小説では、料理がやたら出てくる。
毎朝杏が作るちゃんとした朝食、そして夕食。
みんな揃って食事をする。
食べ方やなんかはどうでもいいけど、とにかく一緒に食べるということが大事だという父の教えで。
そして、それがまぁ、きちんと機能しているのがステキ。

家出した父親が死んだのかもしれない。
彼が乗ったかもしれない飛行機が行方不明だというニュースをみた姉妹たちは、
それぞれなりに心配したりあわてたりする。
だけど、すべきことがなくなったとき、三人はアイスを買いに出かける。
雨上がりの夜。三人が話しながら歩く様子は、なんていえばいいのかわからないけど、なんだか共感してしまう。

周りの家庭とは少し状況が違うかもしれない。
母親が何度も変わったり、母親ではない女が次々と家にいたり。
そんな環境で育った彼女らは、長女は長女なり、末っ子は末っ子なりに気苦労をしている。
例えばそれに自分が気づいてないとしても。
そのせいで、ちょっと変わったところがあるのかもしれないけど、
それでもやっぱり、一緒に過ごす時間がしっかりと家族にしている。

なんてことのない小説かもしれないけど、
少し気持ちがあったかくなるような感じ。
ハッピーエンドなのもイイ。
おいしい料理を作って、一生に食べるって大事なこと、おざなりにしちゃダメだな。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:最近読んだ本




| 橋本 紡 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
もうすぐ
評価:
橋本 紡
新潮社
¥ 1,680
(2009-03)

橋本サンの新作ということで、いつものなんとも優しい内容の小説を想像して読み始めた。
だけど、予想に反した内容で、戸惑いながらもどんどんと読んでしまった。
30代の女性の、子供を欲するという本能みたいなものを描いたもの。

記者の女性が、産婦人科医が逮捕、起訴されたという事件を追うというもの。
その過程で取材した女性たちの様子を描いている。
取材の様子だったり、それから彼女が書いたルポだったり、または彼女の身の回りのできごとだったりが、ごっちゃになっていて、なんか読みにくい気がする。
そして最後はなんとなくグダグダっと終わってしまったような感じ。
小説としてこれはどうなんだろう?という気がとってもして、読後感はあまりよくない。

とはいえ内容としてはまぁ、女性なら共感できる部分がひとつはあるのかもって感じ。
30代後半の女性があわてて駆け込むという不妊治療。
40代の出産を見聞きする機会が多いようにも思うけど、それでもやっぱり妊娠、出産のタイムリミットが伸びているわけではない。
35を超えると年を追うごとに足早に近づいてくる。
そんな中で、子供を産みたいと思う妻と夫との間のズレっていうのかな。
これはもう男女の役割とか社会的地位とかそんなものよりなにより、本能的な違いというものじゃないのかな。

産院を転々とたらい回しされたりとか、検診は受けられても出産は受け入れてくれない病院とか。
そして出産は安全だという多くの人の勘違いが招いている産婦人科医の不足とか。
いろんな問題が詰め込まれすぎているのかな。
それぞれについては深く考えさせられたりもするんだけど、なんか落ち着かない感じがする。
テーマをしぼって、きちんと小説として描いてくれたらまた読んでみたいテーマではある。

JUGEMテーマ:読書




| 橋本 紡 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
橋をめぐる
橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ
橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ
橋本 紡

東京の東と西とに分ける隅田川とその支流。
ここにかかる橋を題材にした短編が6つ。
歩いてわたることができる小さな橋を隔てただけで、少し風情の違う町がある。
深川という昔ながらの町に住む人たちや、そこから出て行った人たちを描いている。

どれもが地域とか人とのつきあいとかが、いわゆる東京のイメージとは少し違う。
なんだろう?下町とかいう言葉が似合うような。
そこにはぶっきらぼうだけど優しくて大事な人間関係が見える。

どれも気持ちが少し和らぐような短編ばかり。
最後に収められている「永代橋」が印象に残った。
小学生の目線を通して家族のことが描かれていて、切なくて優しい。
主人公は世田谷の整然とした街に住んでいる千恵ちゃん。
父母が自分の中学進学のことでもめていて、夏休みの間父方の祖父の家に預けられる。
そこは深川。古い家も祖父のだらしない服装も、なにもかもを恥ずかしく思っていたが、しばらくそこで暮らすうちに、それらを好ましく思うようになる。
そして父が迎えに来て……。

この作者が書く小説は、どれもほんわかとした優しさがあって好き。
人間は冷たかったり利己的だったりするけど、やっぱりどこかで暖かいもんだって思えるような。
今日みたいな雨の降る少し寒い日には、ちょうどいい。

内容(「BOOK」データベースより)
広告会社に勤めるOL、友香。父と和解はできるのか『清洲橋』、銀座でならしたバーテンダー、耕平。
深川で自分の店を持つが『亥之堀橋』、進学校の秀才と不良少年の再会『大富橋』、バツイチの佳子は英会話教室の生徒との逢瀬をやめられない『八幡橋』、新居探しで足を棒にする美穂と哲也のカップル『まつぼっくり橋』、世田谷から来た千恵と、祖父エンジとの交流の物語『永代橋』。
水の都・深川を舞台に描く六つの人生。

商品の詳細
単行本: 280ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/11)
ISBN-10: 4163276505
ISBN-13: 978-4163276502
発売日: 2008/11

JUGEMテーマ:読書




| 橋本 紡 | 19:32 | comments(2) | trackbacks(1) |
九つの、物語
九つの、物語
九つの、物語
橋本 紡

主な登場人物は、ゆきなという大学生とその恋人の香月クン、それと彼女の兄の幽霊。
本人が気づかないうちに壊れていた心を取り戻すような話。
といえば、ちょっと憂鬱そうなイメージだけど、ぜんぜん。
この小説全体に漂うのは、ほんわかと優しいゆったりとした印象。

一人暮らしのゆきなの前に突然現れた死んだはずの兄。
この兄のキャラクターが結構素敵。
いい加減で女たらしでとても優しい。
そんな兄との平和で楽しい、だけどごく普通の生活が、すごくいい感じに描かれている。
小説が好きだった兄の部屋にある膨大な蔵書の中から、彼女が読む有名な文芸作品とリンクしてこの小説のお話が進んでいく。

優しくて痛くて切ない印象に残っているのが、彼女が兄の手からモノを食べるところ。
自らの中で抹殺していた記憶が、母の手紙によってよみがえり、どこか壊れている自分に気づくゆきな。
それから彼女は、パタリとモノが食べられなくなる。
たった一つ。兄が作ったものを兄が口に運んでくれるときを除いて。
雛が親鳥からエサを与えられる映像が浮かぶような場面。

とはいえこの小説、特別なことは何も起こらない。
まぁ、この兄の存在とその関係でたまに出てくるほかの幽霊を除いてだけど。
本当に普通の兄と妹の話で、誰もが感じる生きにくさとか他人との距離感とか、ごく普通の話。
非常に柔らかい雰囲気で最後までさらさらと読めてしまう。
そのくせ、読んだ後になにか心に残るようなこの感じは、この作者ならではなんじゃないかな。

どうでもいいけど「山椒大夫」の結末が2種類あるだなんて知らなかった。
これもそうだけど、この小説の中で引用されているいわゆる文学作品。
もう一度読み直してみようかという気持ちに今なっている。
とても単純なアタシ。

あ。単純といえば。
ここに出てくる幽霊である兄は、とても料理が上手という設定。
お話の中でも、いろいろととてもおいしそうな料理を作る。
ということで、読みながらすごく作ってみたい気持ちになった。
パエリアとかも簡単そうだったけど、やっぱり兄が妹に伝授したトマトのスパゲティかな。
分量なんか量っちゃダメ。
スパイスが効きすぎても効かなすぎても、それなりにおいしい。
しょせんはトマトスパゲティ。

出版社 / 著者からの内容紹介
大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語。
大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。
奇妙で心地よい二人の生活は、しかし永遠には続かなかった。
母からの手紙が失われた記憶を蘇らせ、ゆきなの心は壊れていく…。

単行本: 313ページ
出版社: 集英社 (2008/03)
ISBN-10: 4087712168
ISBN-13: 978-4087712162
発売日: 2008/03



JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:オススメの本




| 橋本 紡 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
ひかりをすくう
ひかりをすくう
ひかりをすくう
橋本 紡

ふわりとした感じ。平和な感じのもの。
パッと見たところそんなイメージだったので選んだ。
ちょっと力を抜いてサラリと読もうと思って。
ところが、これがなぜか、かなりアタシのツボに入った。
なんでもないことが描かれているだけの小説なのに、ものすごく切なくて下手すると泣いちゃいそうな。
たまに、ストンと気持ちに落ちるところとか、自分のことを考えちゃうようなところとかあって。

仕事が楽しくて、褒められて認められることがうれしくて、それなのにそれに絡めとられてしまった智子サンというのが主人公。
一生懸命、だけど本当に好きでやっていた仕事なのに、忙しさに身動きがとれなくなり心身を痛める。
そんなときに居合わせた哲ちゃんと、付き合いだし、一緒に暮らすようになり。
だけどやっぱり、増えていく仕事とか負いきれない責任とかそんなものでがんじがらめになってしまっていることに気づき、あるとき仕事をやめることを思いつく。

その後、二人でちょっとした田舎町に引っ越す。
30代にして二人ともが無職。
貯金を食いつぶす感じの生活。いわゆるセミリタイア。
なんていうと、どちらかといえばネガティブな印象なんだけど、全然違うのね。

引越し先の田舎での二人の毎日が、淡々と描かれているというのが、この小説のほとんど。
まぁ、生まれ育った田舎町の息苦しさとか、父との確執とか、引きこもり少女との関係とか、いろんなディテールはあるものの、ベースは彼と彼女との日常生活。
なんていうのかな。再生っていう感じ?
そうそう。ニートっぽい2人の生活なのに、なんか前向きに終わる。
可能性って子どもほどじゃなくても、大人にだってあるんだっていう。

不安定な彼女を軽い感じで支えている哲ちゃんが最高に素敵に描かれている。
そしてその哲ちゃんと彼女との生活が、とてもうらまやしい。
何かにとらわれるんじゃなくて、やりたいこととか気持ちいいと思えることを選んで暮らしている。

文中でも出てくるけど、生活するってキレイなことばっかりじゃない。
嫌なこととか、汚いこととかも絶対に出てきて、それを放っておくわけにはいかない。
奇麗ゴトだけで生活している二人は、ただ現実から逃げているだけなのかって。
だけど、果たしてそうなんだろうか?
この2人みたいに、大事なものだけを持って、いらないものを捨てて。
そうやって暮らしていければ、どんなに素敵だろう。

アタシにも大事なものはある。
たくさんあるような気もするけど、ホントにそうかな?
本当に大事なものだけを数え上げると意外と少ないような気がして、ちょっと考えてみた。
大事にしている人間が近くにいて、それなりに気持ちよく働いて、少しは本を読んだりおいしいものを食べたり。
日々好きな人のことを思いながら、たまには大事にしてもらって。
そんだけでもう、両手に余るぐらいに持っているのかもしれない。
大事なモンだけを選んで、それだけをもって生きていく潔さに憧れる。

内容
私にとって、ありふれた日常が最良の薬になった。
注目の著者が、ひとの可能性を描く切実な物語。

単行本: 246ページ
出版社: 光文社 (2006/7/21)
ISBN-10: 4334925081
ISBN-13: 978-4334925086
発売日: 2006/7/21
JUGEMテーマ:読書




| 橋本 紡 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(3) |
彩乃ちゃんのお告げ
彩乃ちゃんのお告げ
彩乃ちゃんのお告げ
橋本 紡

友人のムスメが彩乃ちゃん。
それでってわけではないが、なんとなく手が伸びた本。
いきなり彩乃ちゃんが紹介されている。
ここでまずカルト集団の話なのかと思ってひいてしまいかけたが、大丈夫。

ある宗教団体の教祖サマが亡くなると跡継ぎ問題が発生する。
この跡継ぎというのが彩乃ちゃん。
なので彼女は教祖ではなく教主になるのだそうだ。
こういうのさえ知らないアタシだが、普通に読めたのでヨカッタ。
その彩乃ちゃんは小学校5年生。
その年齢ゆえに、跡継ぎ問題のお家騒動から遠ざけるため、見知らぬ人んちで暮らすことを余儀なくされる彩乃ちゃん。
彼女が3軒の家で暮らした様子が、彩乃ちゃんの視線ではなくその家の人の視線でそれぞれ書かれている。

どのお話でも、根本にあるのは教主サマという仰々しい任務とは裏腹に、あくまで普通の女の子である彩乃ちゃん。
そして彼女が、生まれてからずっとその宗教団体の中にあって、ものすごく礼儀正しくお行儀よく育っているということ。
この育ちのよさっていうベースが、アタシはたまらなく好き。
特殊な能力(死んだ人が見えたり、人の考えていることが見えたり)を持つ彩乃ちゃんは、その周りの幸せを願っている。
その人が幸せになるように、ほんのちょっとだけ手を貸す。
「お告げ」って仰々しいもんじゃなくて、軽い会話の中で。
どれもあったかい気持ちになるようなお話。
あぁ。アタシも今まさに彩乃ちゃんのお告げがほしいわ。

夜散歩
これが一番好きかな。
綾乃ちゃんが連れてこられたのは、若い女性の一人暮らしの家。
彼女の家で彩乃ちゃんは、少しずつ行儀の悪いこととかをやってみることになる。
たとえばトマトを手で食べること。たとえば座らずに牛乳を飲むこと。たとえば夜の散歩。
夜の散歩ってちょっと日常から離れた感じがしたりして、なんか好き。

石階段
こっちは高校生男子と彩乃ちゃんとのかかわり。
受験を前にした夏休み、なぜかNPOの石階段復旧活動にのめりこむ男の子。
彼がもっているいろんなモヤモヤした悩みとか、そういうの。
人生の先行きが見えない感じ。そういうもんだとして前を向く気持ちになるっていいもんだ。

夏花火
今度はなんと同級生の女の子のいる家に住むことになった彩乃ちゃん。
彩乃ちゃんのことをなんとなく疎ましく思っている同級生の彼女。
小学校高学年。
自分と周りとの距離が分かっているような分からないような。
いろんなものの輪郭があやふやな感じと、それに対するイライラとか。
そういう年代なんだろうな。

単行本: 195ページ
出版社: 講談社 (2007/11/3)
ISBN-10: 4062143283
ISBN-13: 978-4062143288
発売日: 2007/11/3

JUGEMテーマ:読書




| 橋本 紡 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
空色ヒッチハイカー
空色ヒッチハイカー
空色ヒッチハイカー
橋本 紡

この人の小説も初めてかも。
近ごろトンと忙しくて、なんとなく気分が下がり気味だったので、このさわやかなタイトルと表紙で選んでみた。
まぁ、期待通りのさわやかなもので、思いつきのチョイスが正解だった。

この小説はとにかく「青い」。
大学入試を控えた18歳男子。
兄の残していった青いキャデラックで一人、南を目指して旅を始める。
ヒッチハイカーを拾いながら旅をしようと思いつき、拾った女の子が杏子。
彼女と2人が定番の旅の途中で、いろんなヒッチハイカーを拾いながら南へ進む。

というだけの話っていえばそうかもしれないけど、
気持ちが少しあったかくなったり、時に切なくなったり。
イイ小説だなぁと思った。

そして最後はなんともベタな感じの賭けだけど、
まぁこれはこれで悪くはないし。
ただひとつだけ気がかりなのは、塾で一緒だった友達。
その彼とのその後がどこかに出てくるのかと思ったけど、結局出てこなくて。
彼はなぜ突然やめたのか、そしてその後どうしているのか。
それが気がかりで、なんとなく本を閉じにくい感じだったな。


内容(「BOOK」データベースより)
あれほど憧れ続けた兄貴の背中を追いかけて、18歳の夏休み、僕は何もかも放りだして街を出た。兄貴の残した年代物のキャデラックに免許証。抜けるような夏空。ミニスカートにタンクトップの謎の美女・杏子ちゃんが、旅の相棒。個性あふれるヒッチハイカーたちと一瞬の出会いを繰り返しながら、僕は、ひたすら走り続ける!バカだからこそ、突き進める。真面目だからこそ、迷わない。―究極の青春小説。

内容(「MARC」データベースより)
18の夏、憧れ続けた兄貴の背中を追いかけて、僕は何もかもを放りだして街を出た。兄貴の残した年代物のキャデラックに免許証。抜けるような青空。旅の相棒は、謎の美女・杏子ちゃん…。個性溢れるヒッチハイカー達の物語。

単行本
出版社: 新潮社 (2006/12)
ISBN-10: 4103007524
ISBN-13: 978-4103007524


| 橋本 紡 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(1) |


SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
LINK
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE
RECOMMEND